トランプゲーム発信中

ブログで考案したトランプゲームをいろいろと紹介しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次

遊び方 特殊カード 一覧表 ヘルプ 投稿欄

概要             
                    
ツインピラミッドはアメリカンページワンやUNOのようにゲームを進行しながらピラミッドの建設を目指すゲームです。
ゲームには勝者となるピラミッド(場札のピラミッド)と敗者となるピラミッド(手札のピラミッド)の二種類があります。
場札のピラミッドは建設カード(J、Q、K)を使って石のカード(A~10)を積み上げていきます。完成させたプレイヤーは勝者となり、他のプレイヤーから得点がもらえます。
手札のピラミッドは手札が増えると積み上がっていき、完成する (手札が十枚になる)とバーストしてしまいます。完成させたプレイヤーは敗者となり、他のプレーヤーに得点を支払います。
プレイヤーの誰かがどちらかのピラミッドを完成させると勝負がつきます。
これを繰り返し、規定の回数を行うとゲーム終了となります。

遊び方
ツインピラミッドの基本ルールを説明します。

ゲームに必要な用具 トランプ52枚(ジョーカーを加えてもいいです)

各プレイヤーにカードを四枚、配ります。(注)手に持てる手札は四枚までです。
残りのカードは山札として場に伏せます。
この時、配り始めのプレイヤーがスタートプレイヤー(SP)になります。最初のSPはジャンケンなどで決めて置いて下さい。

最初に山札からカードを一枚めくり、台札にします。
この時、めくったカードが特殊効果のあるカード(A~3と7~10、ジョーカー)だった場合、その他のカード(4~6と11~13)が出るまでめくります。
ツインピラミッドの画像1
(ピラミッドをイメージしやすいようにカードを置く場所に点線をつけています)

台札が決まれば、ゲームスタートです。SPのターンから時計回りで始まります。

自分のターンでは、カードを入れ替える。カードを場に出す。山札からカードを引く。チェンジを行う。の四つの事が出来ます。

○カードを入れ替える 

手札を自分の場にあるピラミッドのカードと入れ替えることが出来ます。(何枚でも可能です)
手札同士は自由に入れ替えることが出来ます。場札のピラミッドにあるカードは、置いてあるカードと手札が同じ数字なら入れ替えることが出来ます。

(注)カードの入れ替えは、カードを場に出す。山札からカードを引く。チェンジを行う。のいずれかを行うと出来なくなります。

○カードを場に出す

台札と同じスート、または同じ数字のカードを手札から一枚、場(台札の上)に出すことが出来ます。(注)例外で2のカードだけは同じ数字で出すことが出来ません。
出したカードが次のプレイヤーの台札になります。

ピラミッドの建設(場札のピラミッド)

建設カード(J、Q、K)を場(台札の上)に出すと、自分の場に石のカード(A~10)を積み上げることが出来ます。 積み上げることが出来るのは『 J=一枚のみ Q=二枚まで K=三枚まで 』です。
ツインピラミッドの画像2

石は指定されている場所のみに置くことが出来ます。
一段目=左から7、8、9、10 二段目=左から4、5、6 三段目=左から2、3 最上段=A
ツインピラミッドの画像3
置いた石を手札に戻すことは出来ません。手札との入れ替えのみ可能です。

一段目の石は自由に置くことが出来ますが、二段目以降の石はその石を下段で支える二つの石が設置されていないと積み上げることが出来ません。
ツインピラミッドの画像4

最上段の石(Aのカード)は手札に石のカード(積み上げる予定のAのカードを除いて)やジョーカーがあると積み上げることが出来ません。余分なカードを処理してからピラミッドを完成させてください。
ピラミッドが完成したら手札を公開します。残った手札がすべて建設カードか確認するためです。

場札のピラミッドを完成させると勝者となり、他のプレイヤーから20点ずつ、得点がもらえます。

○山札からカードを引く

山札からカードを一枚引いて、手札に加えることが出来ます。(場に出せるカードが手札にあっても引くことが出来ます) (注)手に持てる手札は四枚までです。
山札が無くなったら場に出たカード(台札の一番上は場に残す)で新たな山札を作ります。

ピラミッドの建設(手札のピラミッド)

山札からカードを引き、手札を増やすことで積み上がっていきます。
手に持つことの出来る手札(四枚)がピラミッドの一段目になります。手に持てない手札はピラミッドの二段目以降として自分の場に出します。(カードは表向きにして出します)
ツインピラミッドの画像5

手に四枚の手札を持った状態で山札からカードを引くと、引いたカードはそのままピラミッドの二段目以降として自分の場に出さなくてはなりません。(山札からカードを引くとターン終了となり、カードの入れ替えが出来ないからです)
引いたカードを手に持ちたい場合は、山札からカードを引く前に持っている手札をピラミッドの二段目以降に出して、手に持てるカードの空きを作ってから引いて下さい。
ツインピラミッドの画像6

場に出せるカードやチェンジできるカードが手札にある状態で最上段のカード(十枚目)を引くことは出来ません。 手札が十枚になるとピラミッドが完成してバーストします。
ピラミッドが完成したら手札を公開します。出せるカードがないことを確認するためです。

手札のピラミッドを完成させると敗者となり、他のプレイヤーへ10点ずつ、得点を支払います。

○チェンジを行う

Aのカード、またはジョーカーの特殊効果を使ってカードを交換すること出来ます。
台札の一番上、または他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)に持っているAのカードと同じスート、または同じ数字(A)のカードがあれば、そのカードとAのカードを交換することが出来ます。
台札の一番上のカードと交換したAのカードは、次のプレイヤーの台札になります。

ジョーカーはスートやランクに関係なく、台札の一番上、または他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)にあるカードと交換することが出来ます。
ジョーカーの特殊効果については後ほど、特殊カードで詳しく説明します。


カードを場に出す。山札からカードを引く。チェンジを行う。のいずれかを行うとターン終了となり、次のプレイヤーの番になります。
これを繰り返し、プレイヤーの誰かがどちらかのピラミッドを完成させるとゲーム終了です。
完成されたピラミッドに応じて得点の支払いを行います。

場札のピラミッドを完成させたのが自分なら+40点。他のプレイヤーなら-20点。
手札のピラミッドを完成させたのが自分なら-20点。他のプレイヤーなら+10点。

一勝負終わるとSPは左隣りのプレイヤーに移り、次の勝負となります。
プレーヤー全員がSPをやったら一回戦の終了です。何回戦やるかはゲームを始める前に決めて置いてください。(標準として考えているのは二回戦です)

以上がツインピラミッドの基本的なルールです。

目次へ戻る

特殊カード
カードを場(台札の上)に出すことで特殊効果が発動します。(チェンジは例外です)
発動した特殊効果を回避することは出来ません。

○チェンジ(Aのカード)

台札の一番上、または他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)に持っているAのカードと同じスート、または同じ数字(A)のカードがあれば、そのカードとAのカードを交換することが出来ます。
台札の一番上のカードと交換したAのカードは、次のプレイヤーの台札になります。

○ドローツー(2のカード)

山札からカードを二枚引くことが出来ます。
カードを場に出した時にパスを宣言すると、次のプレーヤーが山札からカードを二枚引きます。
回避することは出来ません。(次のプレイヤーは引く前にカードの入れ替えが出来ます)
(注)2のカードは同じ数字で出すことが出来ません。

○ドロースリー(3のカード)

プレイヤー全員に山札からカードを一枚引かせることが出来ます。回避することは出来ません。
山札の上から三枚のカードを引きます。引いたカードを見たら、好きな順番に入れ替えて山札の上に戻します。
次のプレーヤーから順番に、山札から一枚カードを引いていきます。(他のプレイヤーは引く前にカードの入れ替えが出来ます)最後に自分が山札からカードを引いて終了です。

○スキップ(7のカード)

次のプレイヤーの順番を飛ばすことが出来ます。

○ワイルド(8のカード)

スートを自由に指定して次の自分のターンまで固定することが出来ます。
他のプレーヤーは指定されたスートと同じスートのカードでないと場に出せません(同じ数字で出すことも出来ません)
他のプレイヤーが特殊カードを場に出しても特殊効果は発動しません。(チェンジやワイルドチェンジを行うことも出来ません。(注)ジョーカーは場に出せませんがAのカードは場に出せます)
建設カードを場に出してピラミッドを建設することは出来ます。
ワイルドを出した本人は次の自分のターン、通常通りにカードが出せます。
次の自分のターンが終了するとワイルドの効果は無くなります。

○リバース(9のカード)

順番を逆回りにすることが出来ます。

○ブレイク(10のカード)

次のプレーヤーの場札のピラミッドを破壊すること出来ます。回避することは出来ません。
破壊できるのは場札のピラミッドで一番数字が小さい石のカード、一枚です。
破壊されたカードは台札(10のカードの上)に置かれ、次のプレイヤーの台札になります。

○ワイルドチェンジ(ジョーカー)

ジョーカーはチェンジとワイルド、二つの特殊効果を合わせたワイルドチェンジの三種類の中から、特殊効果を選んで使うことが出来ます。

チェンジ

スートに関係なく、他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)にあるカードと交換することが出来ます。

ワイルド

スートを自由に指定して次の自分のターンまで固定することが出来ます。ジョーカーはスートに関係なく場に出せます。

ワイルドチェンジ

台札の一番上にあるカードと交換した後、、スートを自由に指定して次の自分のターンまで固定することが出来ます。ジョーカーはスートに関係なく場に出せます。

目次へ戻る

スポンサーサイト
遊び方
ツインピラミッドの基本ルールを説明します。

ゲームに必要な用具 トランプ52枚(ジョーカーを加えてもいいです)

各プレイヤーにカードを四枚、配ります。(注)手に持てる手札は四枚までです。
残りのカードは山札として場に伏せます。
この時、配り始めのプレイヤーがスタートプレイヤー(SP)になります。最初のSPはジャンケンなどで決めて置いて下さい。

最初に山札からカードを一枚めくり、台札にします。
この時、めくったカードが特殊効果のあるカード(A~3と7~10、ジョーカー)だった場合、その他のカード(4~6と11~13)が出るまでめくります。
ツインピラミッドの画像1
(ピラミッドをイメージしやすいようにカードを置く場所に点線をつけています)

台札が決まれば、ゲームスタートです。SPのターンから時計回りで始まります。

自分のターンでは、カードを入れ替える。カードを場に出す。山札からカードを引く。チェンジを行う。の四つの事が出来ます。

○カードを入れ替える 

手札を自分の場にあるピラミッドのカードと入れ替えることが出来ます。(何枚でも可能です)
手札同士は自由に入れ替えることが出来ます。場札のピラミッドにあるカードは、置いてあるカードと手札が同じ数字なら入れ替えることが出来ます。

(注)カードの入れ替えは、カードを場に出す。山札からカードを引く。チェンジを行う。のいずれかを行うと出来なくなります。

○カードを場に出す

台札と同じスート、または同じ数字のカードを手札から一枚、場(台札の上)に出すことが出来ます。(注)例外で2のカードだけは同じ数字で出すことが出来ません。
出したカードが次のプレイヤーの台札になります。

ピラミッドの建設(場札のピラミッド)

建設カード(J、Q、K)を場(台札の上)に出すと、自分の場に石のカード(A~10)を積み上げることが出来ます。 積み上げることが出来るのは『 J=一枚のみ Q=二枚まで K=三枚まで 』です。
ツインピラミッドの画像2

石は指定されている場所のみに置くことが出来ます。
一段目=左から7、8、9、10 二段目=左から4、5、6 三段目=左から2、3 最上段=A
ツインピラミッドの画像3
置いた石を手札に戻すことは出来ません。手札との入れ替えのみ可能です。

一段目の石は自由に置くことが出来ますが、二段目以降の石はその石を下段で支える二つの石が設置されていないと積み上げることが出来ません。
ツインピラミッドの画像4

最上段の石(Aのカード)は手札に石のカード(積み上げる予定のAのカードを除いて)やジョーカーがあると積み上げることが出来ません。余分なカードを処理してからピラミッドを完成させてください。
ピラミッドが完成したら手札を公開します。残った手札がすべて建設カードか確認するためです。

場札のピラミッドを完成させると勝者となり、他のプレイヤーから20点ずつ、得点がもらえます。

○山札からカードを引く

山札からカードを一枚引いて、手札に加えることが出来ます。(場に出せるカードが手札にあっても引くことが出来ます) (注)手に持てる手札は四枚までです。
山札が無くなったら場に出たカード(台札の一番上は場に残す)で新たな山札を作ります。

ピラミッドの建設(手札のピラミッド)

山札からカードを引き、手札を増やすことで積み上がっていきます。
手に持つことの出来る手札(四枚)がピラミッドの一段目になります。手に持てない手札はピラミッドの二段目以降として自分の場に出します。(カードは表向きにして出します)
ツインピラミッドの画像5

手に四枚の手札を持った状態で山札からカードを引くと、引いたカードはそのままピラミッドの二段目以降として自分の場に出さなくてはなりません。(山札からカードを引くとターン終了となり、カードの入れ替えが出来ないからです)
引いたカードを手に持ちたい場合は、山札からカードを引く前に持っている手札をピラミッドの二段目以降に出して、手に持てるカードの空きを作ってから引いて下さい。
ツインピラミッドの画像6

場に出せるカードやチェンジできるカードが手札にある状態で最上段のカード(十枚目)を引くことは出来ません。 手札が十枚になるとピラミッドが完成してバーストします。
ピラミッドが完成したら手札を公開します。出せるカードがないことを確認するためです。

手札のピラミッドを完成させると敗者となり、他のプレイヤーへ10点ずつ、得点を支払います。

○チェンジを行う

Aのカード、またはジョーカーの特殊効果を使ってカードを交換すること出来ます。
台札の一番上、または他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)に持っているAのカードと同じスート、または同じ数字(A)のカードがあれば、そのカードとAのカードを交換することが出来ます。
台札の一番上のカードと交換したAのカードは、次のプレイヤーの台札になります。

ジョーカーはスートやランクに関係なく、台札の一番上、または他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)にあるカードと交換することが出来ます。
ジョーカーの特殊効果については後ほど、特殊カードで詳しく説明します。


カードを場に出す。山札からカードを引く。チェンジを行う。のいずれかを行うとターン終了となり、次のプレイヤーの番になります。
これを繰り返し、プレイヤーの誰かがどちらかのピラミッドを完成させるとゲーム終了です。
完成されたピラミッドに応じて得点の支払いを行います。

場札のピラミッドを完成させたのが自分なら+40点。他のプレイヤーなら-20点。
手札のピラミッドを完成させたのが自分なら-20点。他のプレイヤーなら+10点。

一勝負終わるとSPは左隣りのプレイヤーに移り、次の勝負となります。
プレーヤー全員がSPをやったら一回戦の終了です。何回戦やるかはゲームを始める前に決めて置いてください。(標準として考えているのは二回戦です)

以上がツインピラミッドの基本的なルールです。

特殊カード

目次へ戻る

特殊カード
カードを場(台札の上)に出すことで特殊効果が発動します。(チェンジは例外です)
発動した特殊効果を回避することは出来ません。

○チェンジ(Aのカード)

台札の一番上、または他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)に持っているAのカードと同じスート、または同じ数字(A)のカードがあれば、そのカードとAのカードを交換することが出来ます。
台札の一番上のカードと交換したAのカードは、次のプレイヤーの台札になります。

○ドローツー(2のカード)

山札からカードを二枚引くことが出来ます。
カードを場に出した時にパスを宣言すると、次のプレーヤーが山札からカードを二枚引きます。回避することは出来ません。(次のプレイヤーは引く前にカードの入れ替えが出来ます)
(注)2のカードは同じ数字で出すことが出来ません。

○ドロースリー(3のカード)

プレイヤー全員に山札からカードを一枚引かせることが出来ます。回避することは出来ません。
山札の上から三枚のカードを引きます。引いたカードを見たら、好きな順番に入れ替えて山札の上に戻します。
次のプレーヤーから順番に、山札から一枚カードを引いていきます。(他のプレイヤーは引く前にカードの入れ替えが出来ます)最後に自分が山札からカードを引いて終了です。

○スキップ(7のカード)

次のプレイヤーの順番を飛ばすことが出来ます。

○ワイルド(8のカード)

スートを自由に指定して次の自分のターンまで固定することが出来ます。
他のプレーヤーは指定されたスートと同じスートのカードでないと場に出せません。(同じ数字で出すことも出来ません)
他のプレイヤーが特殊カードを場に出しても特殊効果は発動しません。(チェンジやワイルドチェンジを行うことも出来ません。(注)ジョーカーは場に出せませんがAのカードは場に出せます)
建設カードを場に出してピラミッドを建設することは出来ます。
ワイルドを出した本人は次の自分のターン、通常通りにカードが出せます。
次の自分のターンが終了するとワイルドの効果は無くなります。

○リバース(9のカード)

順番を逆回りにすることが出来ます。

○ブレイク(10のカード)

次のプレーヤーの場札のピラミッドを破壊すること出来ます。回避することは出来ません。
破壊できるのは場札のピラミッドで一番数字が小さい石のカード、一枚です。
破壊されたカードは台札(10のカードの上)に置かれ、次のプレイヤーの台札になります。

○ワイルドチェンジ(ジョーカー)

ジョーカーはチェンジとワイルド、二つの特殊効果を合わせたワイルドチェンジの三種類の中から、特殊効果を選んで使うことが出来ます。

チェンジ

スートに関係なく、他のプレーヤーの手札のピラミッド(二段目以降)にあるカードと交換することが出来ます。

ワイルド

スートを自由に指定して次の自分のターンまで固定することが出来ます。ジョーカーはスートに関係なく場に出せます。

ワイルドチェンジ

台札の一番上にあるカードと交換した後、、スートを自由に指定して次の自分のターンまで固定することが出来ます。ジョーカーはスートに関係なく場に出せます。

一覧表

目次へ戻る

ピラミッドの建設

○建設カード(J)          積み上げることが出来るのは一枚のみ。

○建設カード(Q)         積み上げることが出来るのは二枚まで。

○建設カード(K)         積み上げることが出来るのは三枚まで。


○場札のピラミッド   A~10のカードで完成。

左から、一段目が7、8、9、10。二段目が4、5、6。三段目が2、3。最上段がA。
二段目以降の石は下段で支える石が二個ないと積み上げれない。
最上段はAのカードを除いた手札が建設カードでないと積み上げれない。

○手札のピラミッド   手札十枚で完成。

一段目は手に持てる四枚。五枚目(二段目以降)からは表向きにして自分の場に出す。

場札のピラミッドを完成させたのが自分なら+40点。他のプレイヤーなら-20点。
手札のピラミッドを完成させたのが自分なら-20点。他のプレイヤーなら+10点。

特殊カード
発動した特殊効果を回避することは出来ません。

○チェンジ(A)          台札か他のプレイヤーの手札とカードを交換。

○ドローツー(2)         山札から二枚引く。パスすると次のプレイヤーが引く。
                    (注)2のカードは同じ数字で場に出すことが出来ない。

○ドロースリー(3)        山札を三枚入れ替えた後、全員が山札から一枚ずつ引く。

○スキップ(7)           次のプレーヤーの順番を飛ばす。

○ワイルド(8)           スートを自由に指定して固定できる。

○リバース(9)           順番が逆回りになる。

○ブレイク(10)          次のプレイヤーの場札のピラミッドを一枚、破壊する。

○ワイルドチェンジ(ジョーカー) 台札と交換してから、スートを自由に指定して固定できる。
                     チェンジのみ、ワイルドのみも可。

目次へ戻る

説明が下手だったらすいません。ルールで解らない所があったら、このページのコメント覧に質問をお書き下さい。

目次へ戻る

コメント(ご意見・ご感想など)をもらえるとありがたいです。

目次へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。