トランプゲーム発信中

ブログで考案したトランプゲームをいろいろと紹介しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次

遊び方 オプション 三人プレイでのルール変更 一覧表 ヘルプ 投稿欄              

概要

七の輪は七並べに新たなゲーム性を加えたゲームです。
プレイヤーは一番最初に手札をなくす。もしくは最下位以外のプレイヤーの中で一番多く点数を獲得すれば勝者となります。
この時、最下位のプレイヤーと勝者と最下位以外のプレイヤーの中で順位が一番下のプレーヤーが敗者となり、勝者に得点分の点数を支払います。
これを繰り返し、規定の回数を行えばゲーム終了となります。

遊び方
七の輪の基本ルールを説明します。

ゲームに必要な用具 トランプ52枚(ジョーカーを加えてもいいです)

基本的な遊び方は普通の七並べと同じです。パスは1人、3回です。

各プレイヤーにカードを配ります。(カードは全て配ります)
この時、配り始めのプレイヤーがスタートプレイヤー(SP)になります。最初のSPはジャンケンなどで決めて置いて下さい。

プレイヤーは手札に7のカードがあれば、それを場に出します。
(注)場に7のカードを出したプレイヤーには、パスの回数が出したカードの枚数分、追加されます。

場に出した7のカードは場の中央に輪にして並べます。
※7のカードで作る輪は必ず、赤と黒のカードを交互にしてください。
七の輪の画像1
輪にして並べたら、SPから時計回りでゲームスタートです。

プレイヤーは七並べと同じで自分の番になったら、手札から一枚カードを場に出すか、パスをすることが出来ます。

○カードの出し方

基本は七並べと同じですが、七の輪では輪をつなげるようにカードを並べて置いていきます。

7の輪の片側にある赤黒のカードからは同じ色の8~13のカードを、もう片側にある赤黒のカードからは同じ色の6~1のカードを七並べの要領で場に出していきます。
七の輪の画像2
輪が完成していれば、その輪からつながるカード(偶数のカード)はスートに関係なく場に出すことが出来ます。(7のカードはすでに輪になっているのでカードはスートに関係なく出すことが出来ます)
ただし、輪が完成していなければ七並べと同様に、同じスートでつながるカードしか場に出すことが出来ません。

○得点の取り方

七の輪では奇数のカード(7のカードは除く)は場に一枚しか場に出すことが出来ません。
場に出せなくなった奇数のカードは得点カードとなります。
得点カードは手札と一緒に持っていてください。
手札をすべて使い切ったら、持っている得点カードを公開します。
七の輪の画像3
勝者になれば獲得した得点カードの点数分が得点となります。

各得点カードの点数

5と9のカード・・・5点  3とJ(11)のカード・・・3点  A(1)とK(13)のカード・・・1点

○ゲームを上がる(手札をすべて使い切る)

手札をすべて使い切ると上がりとなり、ゲームから抜けます。
ゲームから上がることが出来るのは自分の番のみです。
(注)自分の番が回ってくる前に手札が得点カードになって、手札をすべて使い切った状態になっても自分の番になるまで上がることは出来ません。

○ドボン

定められたパスの回数より多くのパスをするとそのゲームから脱落(ドボン)となります。
ドボンになったプレイヤーの手札(得点カードは除く)は場の該当箇所にすべて置きます。(現時点では出せないはずの手札があっても、場に並べます)
手札に同じ色で同じ数字の奇数のカードが二枚あった場合は一枚を場に出し、出せなくなった残りのカードを得点カードとします。
七の輪の画像4
ドボンになったプレイヤーは持っている得点カードを公開します。
ドボンになったプレイヤーはペナルティーとして、得点カードの中で一番点数が高い得点カードを一枚、没収されます。(残りの得点カードは手元に置いておきます)

ドボンになったプレイヤーが出した奇数のカードからつながるカードは、スートに関係なく場に出すことが出来ます。(場に出すことが出来るのは七並べと同様、同じスートの7のカードとそのカード自身とを結ぶカードがすでに場に出ている場合だけです)
残りのプレイヤーはそのままゲームを続けます。

すべてのプレイヤーの手札(得点カードを除く)が場に出に出たらゲーム終了です。

○ゲームの勝敗

通常の勝敗

ゲームの途中で脱落しなかったプレイヤーの中で、1番最初に手札(得点カードを除く)をすべて使い切ったプレイヤー(七の輪では小勝ち(こがち)と呼びます)になるか、最下位以外のプレイヤーの中で得点カードの点数が一番多いプレイヤー(七の輪では大勝ち(おおがち)と呼びます)になれば勝者となります。
最多得点のプレイヤーが複数いた場合、順位が良い方のプレイヤーが大勝ちとなります。
得点が0点でも1番最初に手札をすべて使い切れば、小勝ちとなります。

最下位のプレイヤー(七の輪では大負け(おおまけ)と呼びます)と勝者と最下位以外のプレイヤーの中で順位が一番下のプレーヤー(七の輪では小負け(こまけ)と呼びます)が敗者となります。
順位のつけ方は七並べと同じです。

その他のプレイヤーは勝敗に関係ありません。

特別な勝敗

小勝ちのプレイヤーが大勝ちになる事があります。(七の輪では1人勝ちと呼びます)
この場合は1人勝ちのプレイヤー以外のプレイヤー全員が大負けとなります。

点数の支払い

スタート時の持ち点は50点です。

大勝ちのプレーヤーは大負けのプレイヤーから得点分の点数がもらえます。
小勝ちのプレイヤーは小負けのプレイヤーから得点分の点数がもらえます。
1人勝ちのプレイヤーは大負けのプレイヤーそれぞれから得点分の点数がもらえます。

一勝負終わるとSPは左隣りのプレーヤーに移り、次の勝負となります。
プレーヤー全員がSPをやったら一回戦の終了です。何回戦やるかはゲームを始める前に決めて置いて下さい。(標準として考えているのは二回戦です)

以上が七の輪の基本的なルールです。

目次へ戻る

オプション
七の輪をより楽しむためにオプションで、追加ルールを設定する事が出来ます。

○ジョーカー
 ジョーカーを加えてゲームを行います。

ワイルドカードとしてのジョーカー

ジョーカーはワイルドカードとして使えますが、ジョーカーが置けるのは奇数のカードの位置のみです。偶数のカードの位置には置くことは出来ません。
ジョーカーを置くことができるのは、現時点でプレイできるカードの位置だけです。
場に置かれたジョーカーからつながるカードは、スートに関係なく場に出すことが出来ます。

ジョーカーが置かれた位置にある奇数のカードを持っているプレイヤーは、その奇数のカードとジョーカーを交換することが出来ます。
(自分の番の時、手札からその奇数のカードを場に出すことでジョーカーと交換できます。交換された奇数のカードはジョーカーにかわって、その位置に置かれます)

ゲーム終了時にジョーカーが置かれている位置にある奇数のカードは二枚とも得点カードになります。

得点カードとしてのジョーカー

手札にあるジョーカーを得点カードとすること出来ます。点数は1点です。
ジョーカー以外の手札がなくなった場合やドボンした場合でもジョーカーは場に出さなくてもいいです。(ジョーカーは得点カードと同様に扱ってください)

○リンク

端のカードであるAとKを隣り合った数字であるとみなします。
端のカード(A又はK)とつながったスートのカードは、もう一方の端のカードからもカードを出すことが出来ます。(端のカードとつながっていないスートのカードは通常の出し方しか出来ません)
端のカードとつながったスートのカードも通常の出し方でカードは出せます。

○リバース

リンクの別バージョンです。
端のカード(A又はK)と7のカードが輪でつながれば、もう一方の端のカードからしかカードが出せなくなります。(どちらのスートも通常の出し方でカードを出すことは出来ません)

同じゲームでリンクとリバースを両方とも、設定することも出来ます。

○オープンルール

得点カードを自分の場に表向きに出してオープンにします。
手札が得点カードになったら直ちに自分の場に出します。(得点カードとしたジョーカーも自分の場に出します)

目次へ戻る

三人プレイでのルール変更
三人プレイではゲームの勝敗を少し変更します。

三人プレイに小負けはありません。大勝ち、小勝ち、大負けだけです。

大勝ちのプレーヤーは大負けのプレイヤーから得点分の点数がもらえます。
小勝ちのプレイヤーは大負けのプレイヤーから得点分の点数がもらえます。
1人勝ちのプレイヤーは大負けのプレイヤーそれぞれから得点分の点数がもらえます。

上記以外は基本ルールと変わりません。

目次へ戻る

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。